PC-More

PCの便利化、Windowsのフリーソフトや、カスタマイズ方法の紹介。

隠しファイルを表示させる方法

Windowsで隠しファイルを表示させる方法です。

Windows 10、8.1、8 の場合

何でも良いので何かのフォルダを開くか、「PC」や「ドキュメント」や「エクスプローラー」等を開きます。

フォルダの開き方が分からない場合は、キーボードのWindowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押し、出た小窓に「c:」と半角で打ち込み、Enterキーを押します。

出たフォルダ画面の上部にある「表示」をクリックし、「表示/非表示」の所で(必要ならクリックし)、「隠しファイル」にチェックを入れます

フォルダ画面を閉じます。

Windows 7 の場合

何でも良いので何かのフォルダを開くか、デスクトップ左下のスタートボタンをクリックし、「コンピューター」を開きます。

左上にある「整理」をクリックし、「フォルダーと検索のオプション」をクリックします。

出た画面で、上部の「表示」タブをクリックします。

下部の「詳細設定」の欄内を下にスクロールし、「ファイルとフォルダーの表示」の所で「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択します。

OK」をクリックします。

フォルダを閉じます。

Windows Vista の場合

何でも良いので何かのフォルダを開くか、デスクトップ左下のスタートボタンをクリックし、「コンピュータ」を開きます。

左上にある「整理」をクリックし、「フォルダと検索のオプション」をクリックします。

出た画面で、上部の「表示」タブをクリックします。

下部の「詳細設定」の欄内を下にスクロールし、「ファイルとフォルダーの表示」の所で「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択します。

OK」をクリックします。

フォルダを閉じます。

Windows XP の場合

何でも良いので何かのフォルダを開くか、デスクトップ左下のスタートボタンをクリックし、「マイ コンピュータ」を開きます。

上部メニューの「ツール」をクリックし、「フォルダ オプション」をクリックします。

出た画面で、上部の「表示」タブをクリックします。

下部の「詳細設定」の欄内を下にスクロールし、「ファイルとフォルダの表示」の所で「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択します。

OK」をクリックします。

フォルダを閉じます。