PC-More

PCの便利化、Windowsのフリーソフトや、カスタマイズ方法の紹介。

「送る」メニューに登録する

Windowsでは、ファイルやフォルダを右クリックし、出たメニューの「送る」から、プログラム場所にそれを送る事が出来ます。

画像

プログラムに送った場合は、対象をそのプログラムで開く事が出来ます。(プログラム側が対応している場合)

フォルダに送った場合は、対象がそのフォルダにコピーされます。

方法

キーボードのWindowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押します。

出た小窓に「shell:sendto」と全て半角文字で打ち込み、Enterキーを押します。
画像

開いたフォルダ内に、「送る」メニューに登録したいショートカットを入れます。
ショートカットの作成方法
画像

フォルダを閉じます。

送る」メニューに登録されました。
画像

「送る」フォルダの場所

送るフォルダの場所は以下の通りです。
ただし、隠しファイルも表示する設定になっていないと「AppData」フォルダは表示されません。
又、Windows XPでは別のフォルダです。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

ツリー状に書くと以下の通りです。

C:」ドライブ
  「ユーザー」(Users)フォルダ
    ユーザー名のフォルダ
      「AppData」フォルダ
        「Roaming」フォルダ
          「Microsoft」フォルダ
            「Windows」フォルダ
              「SendTo」フォルダ