PC-More

PCの便利化、Windowsのフリーソフトや、カスタマイズ方法の紹介。

Windowsでのソフトウェアの設定やデータの保存場所

以下は、Windowsにおける一般的なソフトウェアの設定やデータの保存場所を開く方法です。

その開いた場所に、そのソフトの会社名作者名ソフト名などでデータが保存されています。

一般的な保存場所順に紹介して行きます。

古いWindowsでは対応していない箇所もあります。

「AppData」(Roaming)フォルダ

Windowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押します。

出た小窓に「%AppData%」と半角で入力し、Enterキーを押します。

レジストリ 「HKEY_CURRENT_USER」

Windowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押します。

出た小窓に「regedit」と打ち込み、Enterキーを押します。

レジストリエディタ(Windowsの設定ファイルを編集するソフト)が起動します。

HKEY_CURRENT_USER」→「Software」の順にフォルダのアイコンをダブルクリックして開きます。

※レジストリの編集には危険が伴いますので、ご注意ください。

iniファイル

そのソフトと同じ場所にある、iniファイルに設定が保存される場合があります。

iniファイルとは、拡張子(ファイル名末尾の「.」より後の部分)が、「ini」のファイルの事です。(「〜.ini」)

ただし、拡張子は、拡張子を表示する設定になっていないと見えません。

iniファイルを利用するソフトは、古いソフトZip版のソフトポータブル版のソフト等に多いです。

ソフトと同じ場所

ソフトと同じ場所にあるフォルダやファイルに設定が保存される場合があります。

「Setting」や「Config」というワードを含むフォルダやファイルがそれである可能性が高いです。

よくある拡張子は、「ini」「xml」「configl」「setting」「settings」等です。

又、上記以外の場合もあります。

「LocalAppData」(Local)フォルダ

Windowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押します。

出た小窓に「%LocalAppData%」と半角で入力し、Enterキーを押します。

(※古いWindowsでこの方法は使えません。)

レジストリ 「HKEY_LOCAL_MACHINE」

Windowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押します。

出た小窓に「regedit」と打ち込み、Enterキーを押します。

レジストリエディタが起動します。

出た画面で、「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「Software」の順にフォルダのアイコンをダブルクリックして開きます。

「VirtualStore」 フォルダ

Windowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押します。

出た小窓に「%LocalAppData%\VirtualStore」と半角で入力し、Enterキーを押します。

出たフォルダの「Program Files」フォルダ内を参照してください。

(※古いWindowsでこの方法は使えません。)

レジストリ 「VirtualStore」

Windowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押します。

出た小窓に「regedit」と打ち込み、Enterキーを押します。

レジストリエディタが起動します。

以下の順に、フォルダのアイコンをダブルクリックして開きます。

  HKEY_CURRENT_USER
    SOFTWARE
      Classes
        VirtualStore
          MACHINE
            SOFTWARE

1行のパスで書くと「HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Classes\VirtualStore\MACHINE\SOFTWARE」です。

(※「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE」に書き込めない場合にこちらに保存されます。)

ドキュメントフォルダ

スタートメニュー等からドキュメントフォルダを開くか、以下の方法で開きます。

Windowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押します。

出た小窓に「%USERPROFILE%\Documents」と半角で入力し、Enterキーを押します。

(※ここにデータが保存される事は稀です。又、古いWindowsでこの方法は使えません。)

「LocalLow」 フォルダ

Windowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押します。

出た小窓に「%USERPROFILE%\AppData\LocalLow」と半角で入力し、Enterキーを押します。

(※ここにデータが保存される事は稀です。又、古いWindowsでこの方法は使えません。)

「ProgramData」 フォルダ

Windowsロゴのキーを押しながら、「R」キーを押します。

出た小窓に「%ProgramData%」と半角で入力し、Enterキーを押します。

(※ここにデータが保存される事は稀です。)