PC-More

PCの便利化、Windowsのフリーソフトや、カスタマイズ方法の紹介。

「内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」エラーの対処法

コマンドプロンプトやバッチファイルにおいて、実行対象のパスが通っているのに内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」というエラーが表示される場合の対処法です。

実行対象のパスを通していない場合は、(お使いのWindowsのバージョン) + 「パス 通す」でWEB検索して、解説サイトを参考に、まずはパスを通してみてください。「Windows10 パス 通す」のような感じでWEB検索します。

対処法

構文内において、一部の半角記号は特殊な意味を持ちますので、ファイル名、パス、文字列等に半角記号が含まれる場合は、単なる文字として認識させる為に、「"」でその文字列全体囲むか、その半角記号の直前に「^」を付ける必要があります。

例えば、
「md AAA&BBB」という構文なら、
「md "AAA&BBB"」や
「md AAA^&BBB」と記述します。

又、バッチファイルにおいて、半角「%」は特に特殊で、「"」で囲んだ中でも文字としては扱われず、特殊な意味を持ち続けます。(変数の参照)

%」をエスケープして、単なる文字として認識させるには、「%%」と記述します。

例えば、「echo %%」のような感じです。

しかし、コマンドプロンプトを起動して直接入力している場合は、「%」は基本的に文字として扱われますので、あまり意識する必要はありません。

ただ、変数名と重複する文字列を使う場合は、半角「^」を使ってエスケープする必要があります。

例えば、「%TEMP%」と表示したい場合は、「echo ^%TEMP^%」と入力します。