PC-More

PCの便利化、Windowsのフリーソフトや、カスタマイズ方法の紹介。

PCが重い場合の対処法

PCが重い場合の対処法をご紹介します。

「タスクマネージャー」を使って重いプロセスを終了させる

Windows標準の「タスクマネージャー」を使った例です。

プロセス」とは、動作している処理(プログラム)です。

今回はWindows10での例で、その他のWindowsでは名称等が少し異なりますので、近いものを選んでいってください。

方法は以下の通りです。

デスクトップ下部にあるタスクバーの何も無い部分右クリックします。
画像

タスク マネージャー」をクリックします。
画像

出た画面で、左下に「詳細」がある場合は、それをクリックします。
画像

プロセス」タブ(又は「詳細」タブ)で、「CPU」をクリックします。
Windows7の場合は「すべてのユーザーのプロセスを表示」もあればクリックしてください。)
画像

上が広がったマークが出ればOKです。処理が多い順に上から並んでいます。
画像

又、「詳細」タブではファイル名が直接見れます。又「説明」の欄も参考になるかと思います。
画像

名前の欄で、上から処理が多い順に並んでいますので、名前から推測し、停止させても良さそうなものを探します。
画像

停止させても良いプロセスかどうか分からない場合は、その名前をWEB検索して調べます。(Windows10では名前を右クリックして「オンライン検索」で検索出来ます。)

その際、トラブル解決系のソフトは危険なのでダウンロードしないでください。情報を見るだけに留めてください。

又、Windowsの一般的なプロセスはこちらでご確認ください。

終了させても問題なさそうなプロセスを見付けたら、その名前を右クリックし、「タスクの終了」をクリックして終了させます。
画像

プロセスを終了させてPCの動作が軽くなったら、そのプロセスが重さの原因であった可能性が高いです。

そのプロセスを二度と起動させたくない場合は、そのプロセスの名前と、「無効」や「停止」や「削除」等のワードを合わせてWEB検索すると、起動しないようにしても問題ないかや、起動しないようにする方法が分かるかと思います。この場合もソフトはダウンロードしないでください

「Dynamic Dependency Walker」を使って重いプロセスを終了させる

Dynamic Dependency Walker」というフリーソフトを使った例です。

重くなった直後に使うと効果的なソフトです。

ダウンロード

こちらの「Dynamic Dependency Walker」のダウンロードページを開き、「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックし、ファイルを保存します。 ※保存方法が分からない場合はこちら
画像
(※ページのデザインは異なる場合があります。)

展開(解凍)

保存した圧縮ファイル「ddepend」(.lzh)を展開(解凍)します。※展開方法が分からない場合はこちら

実行

展開して出来たフォルダ内にある「ddepend」(.exe)ファイルをダブルクリックします。
画像

以下のような画面が出ます。
上から、後に起動した順にプロセスが表示されています。
画像

見づらい場合は、境界をクリックしながら移動させる事が出来ます。
画像

上の方あるプロセスが、後の方に起動したプロセスであり、PCを重くしている原因の場合が多いので、上の方を中心に見ます。

ただ、ある程度前に実行されたプログラムが重さの原因である場合もあります。

よく分からないプロセスは、その名前(〜.exe)をWEB検索してみてください。その際、ソフトは危険なのでダウンロードしないでください。

Windowsの一般的なプロセスはこちらでご確認ください。

終了させても良さそうなプロセスが見付かったら、それを右クリックして「強制終了」をクリックします。
画像

これで、プロセスが終了されます。

動作が軽くなったら、それが原因だった可能性が高いです。

そのプロセスを二度と起動させたくない場合は、そのプロセスの名前と、「無効」や「停止」や「削除」等のワードを合わせてWEB検索すると、起動しないようにしても問題ないかや、起動しないようにする方法が分かるかと思います。

強制終了後は、上部メニューの「表示」をクリックし、「最新の情報に更新」をクリックして、リストを更新させてください。
画像

又、プロセスを右クリックして、「アプリケーションディレクトリを開く」をクリックすると、そのプログラムがあるフォルダを開く事が出来ます。
画像

「Process Monitor」を使って重いプロセスを突き止める

マイクロソフトの「Process Monitor」というツールを使った例です。

高度な分析が出来ます。

ダウンロード

こちらの Process Monitor のダウンロードページを開き、「Process Monitor のダウンロード」をクリックして、圧縮ファイルを保存します。 ※保存方法が分からない場合はこちら

画像
(※ページのデザインは異なる場合があります。)

展開(解凍)

ダウンロードした「ProcessMonitor」(.zip)ファイルを展開します。 ※展開方法が分からない場合こちら

起動

展開して出来たフォルダ内の、「Procmon」(.exe)ファイルを実行します。
画像

ユーザーアカウント制御の「変更を許可しますか」という旨の確認画面が出た場合は、「はい」をクリックします。

初回起動時はライセンスへの同意が求められてますので、「Agree」をクリックして同意します。
画像

メイン画面が表示されたら、見やすいようにウィンドウを最大化します。
画像

以下のような画面になります。
画像

基本的な使い方

左上にある虫眼鏡のボタンが、調査のオン/オフボタンです。
×」が付いた状態がオフです。
基本的に「×」が付いていない状態にしておきます。
画像

左から4番目のボタンが、自動スクロールのオン/オフボタンです。
×」が付いた状態がオフです。
基本的に「×」が付いていない状態にしておきます。
画像

欄が狭くて見づらい場合は、上部の境界をクリックしながら移動させると調節できます。
画像

文字(フォント)を変更したい場合は、上部メニューから、「Options」→「Font」の順にクリックします。
画像

お好みのフォントと、その設定を選び、「OK」をクリックします。
画像

PCを重くしているプログラムを調査する

調査と自動スクロールをオンにした状態で、「Process Name」の欄を見ます。
画像

しばらく「Process Name」の欄を観察し、頻繁に現れる名前(プロセス名)を見付けます。

Procmon.exe」はProcess Monitor自体です。

速過ぎて名前が確認出来ない場合は、自動スクロールをオフにしてご確認ください。又、一覧を右クリックしても自動スクロールが停止されます。
画像

頻繁に現れる名前があった場合は、その名前(〜.exe)をWEB検索し、どういうプロセスか調べます。

プロセスを終了させたい場合は、タスクマネージャー等から終了させます。

そのプロセスを二度と起動させたくない場合は、そのプロセスの名前と、「無効」や「停止」や「削除」等のワードを合わせてWEB検索すると、起動しないようにしても問題ないかや、起動しないようにする方法が分かるかと思います。その際、ソフトはダウンロードしないでください。

又、Process Monitorは、特定のプロセスを除外したり、特定のプロセスの動作だけを見たり、アクセスしたファイルやレジストリを見たり等、より高度な事も出来ます。機会があれば試してみてください。WEBに詳しい解説サイトがあるかと思います。

PCを再セットアップする

重さの原因となるプロセスを見付けられない場合は、PCを再セットアップ(リカバリー)してPCを初期化するか、Windowsをクリーンインストール(設定を引き継がないインストール)する方法もあります。

再セットアップ方法は、説明書を見るか、PCのモデル名や型番 + 「リカバリー」等のワードでWEB検索すると方法が分かるかと思います。

Windowsのクリーンインストールにつきましては、Windowsのインストールメディア(CD/DVD/USBメモリ)が必要となりますが、お持ちでない場合、Windows7以降のプロダクトキーが記載されたシールが貼られたPCであれば、Windows10をマイクロソフトのサイトからダウンロードして、DVDやUSBメモリに書き込んで、インストールする事が出来ます。

詳しい方法は「Windows10 ダウンロード インストール」等でWEB検索すると解説サイトが見付かるかと思います。

その場合の注意点は、少なくともWindows7以降のインストールメディアでは、以前と同じパーティション(データ領域)にWindowsをインストールした場合、以前のデータは、Cドライブ直下の「Windows.old」というフォルダにバックアップされて残りますが、データの安全が保障されるものではありませんので、事前に消えては困るデータは、DVD-R、USBメモリ、SDカード、外付けHDD、オンラインストレージ等にバックアップしておいてください。

PCの性能を上げる

何をやっても改善しない場合は、物理的にPCの性能を上げる方法もあります。

方法は以下の通りです。

  • メモリ(一時的な記憶装置)の容量を増やす
  • ストレージ(記憶装置)がHDDなら、より高速なSSDに換装する
  • CPU(処理装置)を交換可能な上位のものと交換する

PCパーツには相性がありますので、購入前に入念に調べる必要があります。相性の難しさで言えば、「CPU > メモリ > ストレージ」の順かと思います。接続規格が合っている事は大前提で、それプラス互換性や相性の問題があります。

詳しい交換方法は、「メモリ 増設」「HDD SSD 交換」「CPU 交換」等でWEB検索なさってください。

パーツを交換する時の注意点は、電源コードやケーブル類を全て抜き、電源ボタンを押し、数分放置し、出来れば手を怪我しないように手袋をして作業してください。又、静電気が発生するとPCやPCパーツが故障する場合がありますのでご注意ください。

又、パーツ交換の手間やリスクを考えると、PC自体を買い替えた方が良い場合もあります。